ヨネザワ製菓株式会社創業100年のシュークリーム

ヨネザワ製菓がシュークリームの製造販売を始めたのは1899年(明治32年)。それ以来、シュークリーム・エクレアを中心として皆様に愛される商品作りを続けてきました。「安心・安心・安全で美味しいスイーツ作り」をモットーに作られているシュークリームには、ヨネザワ製菓の歴史がつまっています。

シュークリームとの出会い

現在では身近な洋菓子の代名詞としてシュークリームは愛されていますが、創業当時はシュークリームはまだ一般の方々には馴染みのないものでした。しかし、ヨネザワ製菓では先代社長が人々に愛される洋菓子を作りたいとの想いより、フランス人よりその製法を学び100年以上に渡って、シュークリームの味を育ててきました。

シュークリームへの情熱

ヨネザワ製菓ではシュークリームの量産技術をいち早く導入し、徹底した衛生管理のもと、シュークリームメーカーとして確固とした地位を築いてきました。しかし、技術だけではなく、シュークリームのメインともいえるカスタードクリームには情熱を注いで一釜一釜丹念に手作りされており、他社に真似のできないおいしさの伝統の秘法といえます。

シュークリームの展開

ヨネザワ製菓ではこれまでに培った技術を生かし、定番のカスタードシューだけではなく、ホイップのダブル充填、クッキー、パイ生地など一手間掛けた専門店に負けないシュークリームをご提供しています。また、エクレアは一つ一つ熟練したスタッフがクリームを手絞りしています。トッピングや生地に差別化を図るなど専業メーカーだから出来る一手間掛けたエクレアをご提供しています。

お客様のもとへ

ヨネザワ製菓は、関東を中心に作りたての商品をコンビニエンスストアを中心としてお客様のもとへお届けしています。お客様には安全で美味しい商品を安心してお召し上がり頂くため、本社工場では国際標準規格である食品安全マネジメントシステム「ISO22000」を取得しております。また、工場には直売店を設けており、地域の皆様の支持を頂いております。これからもお客様と共に、より良い製品を作り続けられるよう成長し続けていきます。

PAGE TOP